トップページIT関連ITセキュリティウィルス対策

●コンピュータウィルスとは?

コンピュータウィルスとは、いたずらや自分の知識をひけらかすなどの理由で人間に作られたもので、コンピュータを誤動作させるための「プログラム」です。
なぜコンピュータウィルスと呼ばれるのかというと、そのプログラムの動作が自然界のウィルスに似ているため、たとえて呼ばれるようになりました。

 

コンピュータウィルスの問題点

コンピュータウィルスは、さまざまな悪質な動作をコンピュータにさせます。たとえばコンピュータ内のデータを全部消去したり、保存されている個人情報をネット上にばら撒いたりと、その動作はウィルスの種類によってまちまちです。
しかし、コンピュータウィルスが一番問題に立っている理由は、ネットワークを通じて自動的に増殖する点にあります。

コンピュータウィルスの中には自己増殖機能を持ったものがあります。これは、ウィルスがコンピュータ内にあるデータ(メールアドレスなどのネットワークデータ)を参照し、勝手に自分の複製を送信するという機能です。

つまり、顧客のメールアドレス等のデータが入ったパソコンがウィルスに感染してしまった場合、お客様宛てにウィルス入りのメールを送ってしまうことになります。
これは信頼を失うことにつながります。

 

ウィルス対策

ひとたびウィルスに侵されると、自分のマシンの被害だけでは済まず、ネットワークにつながったコンピュータすべてに迷惑をかけます。
もはやコンピュータウィルス対策は、自分だけの問題だけではなく、ネットワークを利用する際のマナーになりつつあります。



ウィルスは様々な種類があります。情報のやり取りをする場合、様々な経路でパソコンに侵入してくるため、これをすれば100%安心という対策はありません。
ただ単に「怪しいファイルは開かない」という心がけだけの対策では不十分です。

少なくともインターネットなどを利用する際は、ウィルス対策ソフトを導入するべきです。
ウィルス対策ソフトとは、パソコン内に入ってくるデータを検索し、ウィルスを発見・駆除するソフトです。
これを導入することで最低限のウィルス対策をとることができますが、使用する際に重要なことは更新を頻繁にすることです。

 
Copyright (C) 2004. NSS Co.,Ltd. All rights reserved.