トップページIT関連ITセキュリティ>スパイウェア対策

●スパイウェアとは?

スパイウェアとは、パソコン使用者に気付かれないように動作し、個人情報を自動的にプログラムの開発元などに送ってしまうというものです。集められた情報などは広告・マーケティング調査などに利用されます。

スパイウェアは、企業などが配布する無料ソフトウェアにセットで組み込まれるなどして広まります。
インストール時にそのソフトウェアといっしょに利用条件の承諾を求められ、手続きの上では利用者の承諾を得た形でシステムに組み入れられます。

しかし、利用条件の文書にはどのように動作するか具体的に記述した部分がない場合がほとんどで、利用者に十分告知されているとはいえません。ほとんどの人がそのような記述に気付くことなくスパイウェアごとインストールしてしまいます。




●スパイウェアへの対策を!!

スパイウェアがインストールされてしまうと、画面上には一切表示されず常に動作するようになります。
そして、メールアドレス、Web閲覧の履歴・Cookieなどの個人情報を自動的に送信します。
スパイウェアの開発元はそのようにして、集めた個人情報を別の業者に売るなどして利益を得ます。

スパイウェアはシステムに直接的な被害を与えるものではありませんが、個人情報を気付かないうちにとられてしまうのは問題です。また高い負荷のかかる処理を勝手に行うものもありますので、システムが重くなる原因になります。

弊社ではスパイウェアがインストールされているかを調べ、システムから取り除くサービスも行っています。


 
Copyright (C) 2004. NSS Co.,Ltd. All rights reserved.